FC2ブログ
 

もぐもぐ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車麩とみょうがの卵とじ

車麩とみょうがの卵とじ

ともちもんの生まれ故郷には「車麩」というものがあります。
まるでフランスパンのようにおおきな麩です。
お盆の帰省で地元スーパーに寄った際、祖母に買ってもらいました。

実家の裏庭にたくさん顔を出し始めた秋みょうがと一緒に
卵でとじました。

さて、これが車麩です。
たんぱく質のかたまりですよ

引っ越した今の土地にも、あるにはあるんですが
これを輪切りにしたものしか見かけません。
やはり土地柄なのかしらー?

ねぎ、ごぼうのささがき、ミョウガ、
水で戻して絞って、一口よりすこし大ぶりに切った麩を
甘辛い醤油のおつゆで軽く煮て、溶き卵でふんわり。
ココ最近、夜は涼しいのでこんな煮物でも食欲が沸いてきます。
秋の到来ですねーー。

車麩は小さい頃から食べていました。
お祝いなど、お赤飯を作るときにはかならずお煮しめを作るのですが
かならずこの車麩も煮られていました。
なんでもかんでも甘辛く煮てあります。
でも意外なことに一緒くたに煮るわけではなく、全部別々に
煮てあるのです。でも全部甘辛いのです。・・・・?
あとはまっ黄色のたくあん。金時豆のお赤飯。
祖母はささげではなく金時豆を使い、色付けには食紅を使用していました。
不祝儀の時には色をつけず、白いおこわになります。
それでも「お赤飯」で通用しちゃうんですけど。
塩分は絶対取りすぎだと思うんです

お赤飯ってつい食べ過ぎちゃうんですよね。ゲフー。

人気blogランキング ← 栗おこわのシーズン到来

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは

お邪魔します、batanosuke-です。

お麩大好きですが、確かに車麩は輪切りしか見たことありませんでした。

こういうお料理大好きなんです!た、食べたい。v-10

イラストもお上手ですね。
またお邪魔します。v-254

batanosuke- | URL | 2006年09月07日(Thu)20:59 [EDIT]


batanosuke-さん、いらっしゃいませ。
早速お越しいただいてありがとうございます~。

麩なんて食べ物はやはり日本独自なのでしょうかね?
海外の方が食べたらどう感じるのでしょう!?

ともちもん | URL | 2006年09月08日(Fri)07:48 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。